« 営業日誌07/6/8 | トップページ | 営業日誌07/6/9 »

2007年6月 9日 (土)

46回モルトオフのリスト

○第46回FSAKEモルトオフ 
日時 2007/6/10(日)14:00-16:30頃
会費 6500円

当日用のレジュメつくってみました。
参加の方には、プリントしてお渡します。
代理店のホームページ↓ 
http://www.theglenlivet.jp/
「グレンリベット飲み比べ」
グレンリベットは、ウイスキー造りが違法であった時代から既に英国中で評判になっていました。
1824年 ジョージ・スミスの蒸留所は、政府公認第一号の蒸留所となる。
ゲール語で「静かな谷」を意味するグレンリベットとは、本来「リベットの谷」という地域全体を
示しています。

グレンリベット12年
トロピカルフルーツや花の香り、夏の草原を想わせる香りがエレガントに調和。
ザ・グレンリベット特有のバニラ、はちみつの甘さを伴う芳醇でソフトな風味。
柔らかく滑らかな余韻。

グレンリヴェット 15年 フレンチオーク 700ml 40度
 主にバーボン樽とシェリー樽で熟成を得たものと、最後の熟成をフランスのリムザン・オークの新樽で仕上げたものが  見事に調和しています。
西洋杉と、柑橘類を感じさせる強く甘い香りの美しいバランス。
熟したマンゴーのフルーティーな風味と、シナモンや白胡椒のスパイシーな味わいが相互作用により見事に調和。
長くクリーミーな余韻。
・12年フレンチオークは、正規品は終売のようですね。

ハイスピリッツ・ロッホ&キャッスル グレンリベェット 14年 46度
ハイスピリッツ社は、近年イタリアで設立された比較的新しい会社です。
すべてノンカラーリング、ノンチルフィルタードで46度に調整されボトリングされています。
・ラベルの絵、結構有名な物を使ってるそうです。

グレンリベット18年
凝縮されたフルーツと花の甘美な香りが調和し、完熟した洋ナシの香りが漂います。
軽いオーク香をベースに、ファッジやスパイシーなオレンジの風味が絶妙に融け合っています。
トーストとバニラの香りの繊細なバランスの余韻。


G&M グレンリベット カスク 1978 700ml 60.2度
・ゴードン&マックファイルよりは、多くのグレンリベットがでています。
96年瓶詰めだから、18年、年数の割には、薄い琥珀色。 0769

« 営業日誌07/6/8 | トップページ | 営業日誌07/6/9 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 46回モルトオフのリスト:

« 営業日誌07/6/8 | トップページ | 営業日誌07/6/9 »